とある専門学生

何気なく高校生になってしまった私の話