とある高校生

何気なく高校生になってしまった私の話

勉強(学校)嫌いが大学に入学しました。。。

2020年3月に高校を卒業

そして、

*******   4月に大学に入学  ********

高校時代と今の私の心境は、複雑です。

 

なぜ大学に入学したのか、ザっと書きます。

タイトルの通りわたしは勉強が嫌いです。高校時代は、とりあえず授業にでて放課後は部活、現実逃避(アニメ、ゲーム、tictock,youtube,kpop)という生活を3年間続けました。

 

高校2年生の春ぐらいまで、私の人生の注目ポイントは学校の中だけで、

勉強、運動、美術、芸術ができる人はすごい。私はそのどれにも、当てはまらない。せめて、部活や勉強で頑張らないと。私は高校1年生から大学に進学するだろうなと思っていました。(親や先生からいわれていたから)

 

自分の行きたい大学考えるため、その頃から将来(仕事)のことについて、調べたりするようになりTABIPPOにたどり着きました。仕事ではないけど、世界一周コンテストのようなイベントが行われていたことを知り、

私と同じ高校生がそのコンテストに出ている!!と衝撃で、わくわくしました。

私の世界は、学校と家だけでしたが、世界にまで広がりました(笑)

(海外には興味があったけど、私には無理だと思って調べたり考えたりすることがあまりなかった。)

 

それから私は、ヒートアップして、

初めて県外に一人で行ったり(TABIPPO)に興味があったから)、韓国留学を本気で考え調べたり(親や先生に相手にされずひどく挫折し)、最後の3年の部活の大会を諦め、アメリカに2週間ホームステイしたり、また留学を本気で考え調べ挫折、留学費用を稼ぐためプログラミングの勉強、ブログ、Twitterなど、今考えたらすんごい挑戦している(笑)

 

やりたいことが少しづつ見えてきて、自分に必要のないこともみえてきた頃

私は受験生でした。正確に言うと、高3の9月ごろ。

 

進路変更を今からするにも、きびしい時期ですね、、、。

そんな時期にやっと自分のなりたい生き方とか、仕事とかなんとなくわかって、わたしにとって必要のない学校での拘束時間、私の人生の8割ぐらい決まりそうな進路選択のタイムリミットが近づく焦り、不安。なりたい自分と今やっていることのギャップ。はっきりとしない将来。低い学力、ノースキル。周りから寄せられる期待。高校、大学に行く必要性の疑問。

 

学校でその時期から、授業中とかバスの移動中に泣いてたなあ。。

全力でやったからこそ、何も変えられなくて悔しくて不安でつらかった。

学校では常に何かと比べられている気がして、常識知っとかんと。とか受験生ならこれぐらいできて当たり前とか。先生から毎日言われて、できないことを実感して、(やりたいわけではない)そんな風に毎日苦しんで、学校でやっていることは全部将来につながらないと思ったら、何してんだろ私。とさらに苦しむ。

 

そうして、1週間に1,2回休むようになってしまった。

結局、今まで大学に行くと言っていたため、気持ちは流されながら行くことを決めた。

 

なので、今私はとても複雑な気持ちです。

 

ですが、私は大学生の間にやろうと決めたことがあります。

それは、プログラミングで1か月に10万稼げるようになることです。

今でも、留学や海外に旅行に行きたいと考えてます。ノマドエンジニアという働き方がいいなと思っていて、でも、まだ探し中です。

まずは自分でしっかり稼げるようになったら、金銭的にも心にも余裕ができ、また新たな視点で見ることができると思うので、それまで頑張ります。

 

温かい目で見守ってください。

応援お願いします。

学校が嫌いな私が部活を頑張り学校に行き続けれた理由

まず、私は学校が嫌いだ


部活をしていた時期は、それでも少し生きがいを感じることができた

部活に入ることによって、チームとしての一員として頼られ、成長が目に見えて感じられ時がある


これらが部活を続け、学校に休まず行き続けれた理由だ


もちろん、これらがマイナスになることもあった

その時は、私一人の問題でなく、みんなの問題だと考え、みんなに支えられ、踏ん張ることができた


きれいごとではなく、本当にそうだった。部員が少ないから、一人が抜けたら大ダメージになるというプレッシャーもあるが、必要とされることも多かった


学校は確かにいいことも学べる

感情を無にして学校にいって楽しいですか?

楽しくない

でも、まだ頑張る元気があるから

頑張れと誰かが

学校行かないと悲しむから親が

学校もあと2.3ヶ月

もうちょっとじゃんと誰かが

感情無にしていけば 

解決か

私が行けばいい話か

じゃあ、今日も学校にいくか




グループで会話ができない

1対1だとちゃんと笑顔になれる

グループだと日本語が聞き取れても上手く理解ができない時がある

会話にも入れず、どんどん話は進んで行き置いてけぼり感

 こんなのYouTubeの動画だったら、シュッて飛ばしてそれで終わりだけど、なかなかそんなことはできない


グループっていても、いろんなグループがある。私もグループで話せるようになりたいけど、レベル1からレベル50のところいきなり突っ込んでいく感じがしてどうも、無理そう

メンタルがあれば行けるけど


やっぱ、自分に合うグループ探して徐々に会話になれていかんと、約12年間ぐらい、あんまりいろんな人とかかわろうとしなかった私の性質は治らんだろーな


ブログ書いて1番苦しいのは解決策だけがわかって、それを解決できないまま、徐々に溜まっていく感じが嫌なのだなぁ

自分の気持ち吐き出せる分には全然👏いいけど


そろそろ、自分のことを書いたダラダラのブログじゃなくて誰かに向けたブログを書いて行こうか

どうしようか

まだ悩み中

🐒

やりたいことをやろうとしたら鬱っぽくなった

 私にはやりたかったことが大きく2つあった

1つ目は正規留学
2つ目は学校を休んで自分の好きなように時間を過ごす

どちらも出来なかった主な原因は
・やりたいと思った時期が遅すぎた
・周りの理解が必須

そして、毎回出来なかった時に

・もう何がしたいのかわからない
・ネガティブ(私一人しか味方はいない)☠️☠️😇🥶

⇨もう当分感情を出さないようにしよう

意志が強い人、切り替えがうまくできる人ではないため
クヨクヨと苦しみ、どんなことにも喜びを感じれない一時的な鬱になってしまう

こういう性格だからもう諦めたけど(まだ諦めきれてない)
 
まあ、でも、振れ幅があった方が飛躍できそうな感じがするし
私のタフさが成長していくと信じて、またエネルギーを貯めていこうかな

これが私のペースってことで🌟




学校はやっぱりちょっと時代遅れ

コミュニケーションが上手な人もいて、もともと上手くできない障がいの人もいる


時間通りに動けて、時間通りに動くことのできない障がいの人もいる

環境が違うだけで障がい者になったりならなかったりする


こういうことを発達障がいの番組でしていた

自分がそうなんだと認識して思っておかないとなかなかみることのできない


だけどそういう所に自分と似たような体験をして苦しんで、今は自由に生きている人が情報を提供している


これを見て結構ほとんどの人が何かの障害を持ってるものではないのか

だからこそ人間として良いのじゃないかと思った


学校では一般常識、教養を増やすためにも覚えような、とかいって知識を押し付けてくる


みんなを均一にしようとするから、弾かれる人が出てくる


だけど、弾かれて通信の学校を知ったり学校だけが全てじゃないと学ぶことができる


でも、そこで学べず環境に恵まれず自分を責め続けててしまう人もでるだろう


学校では人生で大切なこと、を学べる場であって欲しいと思う

という学校に対する愚痴と


それでも少しづつ、いろんな人が生きやすい日本へと変わっていってるなと思った

何をしたら楽しいのかわからないだと、、?

休日何をしよう


(^ν^)



(^ν^)


ん?

んん??

んんん???


何をしたいのかわからない


ということが私もよくある

勉強しろと周りから言われ、ナガラ勉強をして、それができないときは現実逃避をするためにアニメをみる


そんな生活を約15か16年続けてきた


そんなことで

自由に休みの日過ごそうと思っても、結局何がやりたいのかわからず、むだにすごしてしまう


(まぁ学校のせいで主体性がなくなったとでも言っておこう)


何か楽しいことをしたい!

でも、何がしたいのかわからない、、


この問題を解決するために大切なことは


自分が何をしたら楽しいのか知っておくことだ

(ドヤっ)


わからなかったら新しいことをしてみるのも良し


考えらのも怠惰だというなら死んだように休むのもいいだろ


なぜなら無の極限に行くと、行動する活力が湧いてくるから


これは私の学校生活で検証済みである(学校が嫌いだからな)


ということで、私はゴロゴロしながら英語でアニメを見て、絵を描いて

お菓子食べて、英語の勉強して、休憩したかったからいい休日でした


何か楽しいことしたいと思う人から

見たら、頭がお花畑なんだなと思うかもしれないけど


今日は本当に良い1日だったなぁ


ノホホホホンー


今日は、キャラが崩壊した日でした 


ではではー!