とある専門学生

何気なく高校生になってしまった私の話

学生で自分に自信がない方へ

この記事は、学生で自分に自信がない方に読んでもらいたいです。

 

私は、小中とほとんど友達がいなく、一人で多くの時間を過ごしてきました。何も特技はなく、おとなしい性格だったので、みんなの輪に入ることができず、ひたすら存在を消すように学校生活を送っている自分が嫌いでした。ずっと、このままではいけない、変わりたいという気持ちがありました。

高校生の頃2週間アメリカに行く機会があり、それがキッカケで、思ったよりも自分はできる!という自信を得ることができました。そして、日本は生きにくい場所なんだなと感じました。お互いが監視するかのように、他人についてアレコレいい、何か人と違うことをしたら笑われる。個性や意見を出しにくい。など。アメリカでは、多様な文化や人がいる背景によって他人に干渉し過ぎず、人は人、自分は自分と言う考え方をしていていて、アメリカに住んでいる日本人の人も、人間関係がさっぱりしていて良いと言っていました。この体験で私が、輝けないのは日本にいるからなんだと考えていました。

 

しかし、大学を中退し、新たにwebデザイナーになる目標を掲げ、専門学生として過ごしている、今、考え方が変わりました。

(ざっと書きましたが、高校3年の進路選択、大学中退、大学中退後の進路選択はとても大きな出来事で、私のやりたいことと、親との意見の食い違いにより、食欲が湧かなくなったり、涙が止まらなくなったり、無気力になったり、幸せを感じることができないなら、死んでもいいと言う気持ちになりました。もう、2度とあんな体験はしたくないと思うほど、私にとってとても辛い時間でした。)

 

しかし、この体験を通して、自分で、自分の人生をどうするか決めることは幸せに繋がり、良い体験も、悪い体験も通して自分に自信がつくのだと実感しました。(失敗しても、そこから多くのことを学べ、全力でやったからこそ納得のいくものになる)

 

周りのサポートなしでは、ここまで辿り着けませんでした。(自分のことなのに反対をされてしまったら、どうしたら良いか分からなくなった。)

 

なので、学生で自分に自信がない、自分の人生に満足できてない人は、自分の興味のあることを積極的にしてみて、(逆に嫌なことは適当にやってみる)自分が幸せだと感じることを多く知ることで、時間は何年もかかりますし、簡単でもないですが、必然的に自分に自信がもて、満足いく人生を送ることが出来ると思います。

 

これは、すぐに出来ることではないですし、いざやろうと思っても何をどうしたらいいか迷うと思いますが、頭の隅にでも、このことを置いていて、無理のない程度に続けて行って欲しいです。

 

何度も言いますが、自信がないときは、今はしょうがないと割り切って、自分の好きなことをとことんやって、自分のことについて知ってください!

みんなが当たり前のように通っているレールを外れる時もあると思いますが、自分の幸せについて考えた結果なら全然大丈夫です。(逃げるという形でもOK)思ったより、普通に普通のことをこなすのは難しので。

  • (学生までが楽しいことをできる期間だと感じていたのですが、そうではなく、学生が終わっても、自分の人生を主体的に考えることができたら、むしろ、これからが自分の人生をカスタマイズできる勝負時なんだなと思っています!)
  • 私もこの今回の記事を意識して頑張ります!

 

 

 

 

 

今年、専門学生になりました。

お久しぶりです。

去年の四月、大学生になりました!という記事をかきましたが、

なんと、今年、

専門学生となりました。

 

大学を十一月に中退し、現在に至ります。

怒涛の1年間でした。

 

ブログを書くのは、とても久しぶりで書きたいことがたくさんあります笑

 

以前、高校生の頃にこのはてなブログに書いた記事を見返してみました。

大学に入学した1年もとても、大変でしたが、留学をしたいと思い一人で抱え込み追い込まれていた状況は今までで一番大変だったんだなと思いました。

 

高校生の進路選択は、親と子供の意見が一致しないといけず、難しいんだなと思いました。

 

高校生の頃は誰にも話すことができなかった時に、ブログに吐き出していたという形だったので、何が伝えたかったのかもわかりにくいし、ネガティブな意見ばかりで、見てもいい気持ちにはならないので、消そうかなと思ったのですが、今では、忘れかけている大切な記録なので、置いておきます。

 

ずっと、ブログを書いてなかったのは、やりたいことができず、生命力がなかったためです笑

今は、webデザイナーになるという目標を叶えるためにやる気に満ちています。海外に行ったり、大学を辞めたり、新しいバイトをしたり、趣味だけをできる時間を奇跡的に得ることができたり、様々な経験をして、高校生の頃よりかは、格段に自分はどんな人なのか知ることができ、自信を持つことができました。

去年は、家族と揉めたり、何にもやる気がなくなったり、死んでもいいかなって思ったり、心が病んでいました。今が、学生として、時間があり、教えてくれる先生がいたり、と新しいこと、やりたかったことを挑戦できる機会なのに、将来フリーランスで働けるように今はwebデザインを頑張るという目標しかないです。何か、フリーランスとして働くならそれだけじゃ足りないと思うから、+αで何かしたいのにまだ何をしたらいいかわからない

と言う経緯で、はてなブログを思い出して、今とても貴重な体験をしてるなと思い、これからまたはてなブログでブログを書く予定です。

 

小学生とか中学生、高校生、大学生など、何か生き方のヒントになるような文を書いていけたらいいなと思っています。

 

これからよろしくお願いします!

勉強(学校)嫌いが大学に入学しました。。。

2020年3月に高校を卒業

そして、

*******   4月に大学に入学  ********

高校時代と今の私の心境は、複雑です。

 

なぜ大学に入学したのか、ザっと書きます。

タイトルの通りわたしは勉強が嫌いです。高校時代は、とりあえず授業にでて放課後は部活、現実逃避(アニメ、ゲーム、tictock,youtube,kpop)という生活を3年間続けました。

 

高校2年生の春ぐらいまで、私の人生の注目ポイントは学校の中だけで、

勉強、運動、美術、芸術ができる人はすごい。私はそのどれにも、当てはまらない。せめて、部活や勉強で頑張らないと。私は高校1年生から大学に進学するだろうなと思っていました。(親や先生からいわれていたから)

 

自分の行きたい大学考えるため、その頃から将来(仕事)のことについて、調べたりするようになりTABIPPOにたどり着きました。仕事ではないけど、世界一周コンテストのようなイベントが行われていたことを知り、

私と同じ高校生がそのコンテストに出ている!!と衝撃で、わくわくしました。

私の世界は、学校と家だけでしたが、世界にまで広がりました(笑)

(海外には興味があったけど、私には無理だと思って調べたり考えたりすることがあまりなかった。)

 

それから私は、ヒートアップして、

初めて県外に一人で行ったり(TABIPPO)に興味があったから)、韓国留学を本気で考え調べたり(親や先生に相手にされずひどく挫折し)、最後の3年の部活の大会を諦め、アメリカに2週間ホームステイしたり、また留学を本気で考え調べ挫折、留学費用を稼ぐためプログラミングの勉強、ブログ、Twitterなど、今考えたらすんごい挑戦している(笑)

 

やりたいことが少しづつ見えてきて、自分に必要のないこともみえてきた頃

私は受験生でした。正確に言うと、高3の9月ごろ。

 

進路変更を今からするにも、きびしい時期ですね、、、。

そんな時期にやっと自分のなりたい生き方とか、仕事とかなんとなくわかって、わたしにとって必要のない学校での拘束時間、私の人生の8割ぐらい決まりそうな進路選択のタイムリミットが近づく焦り、不安。なりたい自分と今やっていることのギャップ。はっきりとしない将来。低い学力、ノースキル。周りから寄せられる期待。高校、大学に行く必要性の疑問。

 

学校でその時期から、授業中とかバスの移動中に泣いてたなあ。。

全力でやったからこそ、何も変えられなくて悔しくて不安でつらかった。

学校では常に何かと比べられている気がして、常識知っとかんと。とか受験生ならこれぐらいできて当たり前とか。先生から毎日言われて、できないことを実感して、(やりたいわけではない)そんな風に毎日苦しんで、学校でやっていることは全部将来につながらないと思ったら、何してんだろ私。とさらに苦しむ。

 

そうして、1週間に1,2回休むようになってしまった。

結局、今まで大学に行くと言っていたため、気持ちは流されながら行くことを決めた。

 

なので、今私はとても複雑な気持ちです。

 

ですが、私は大学生の間にやろうと決めたことがあります。

それは、プログラミングで1か月に10万稼げるようになることです。

今でも、留学や海外に旅行に行きたいと考えてます。ノマドエンジニアという働き方がいいなと思っていて、でも、まだ探し中です。

まずは自分でしっかり稼げるようになったら、金銭的にも心にも余裕ができ、また新たな視点で見ることができると思うので、それまで頑張ります。

 

温かい目で見守ってください。

応援お願いします。